人妻と出会い系サイトで出会うということ

jinseikankawaru
人妻との出会い、お互いに家庭がある者同士の出会いというのは、特別な出会いとなることが多いようだ。人妻は何を求めて出会い系サイトを使うのだろう。6日に初めてメールを貰った女神との初逢瀬。女神は結構エロいらしいので、イメージトレーニングは、それはそれはもう凄まじいばかりのエロスの饗宴。おおよそ考え付く限りのエロプレイに思いを巡らせては、頬を緩めて前かがみになってました。待ち合わせの場所までは30分程度。仕事終わってメールを打つと「もう着いてます~」との事。急いで準備して家を飛び出た。

「初めまして~」目の前の女神はショートヘアのボーイッシュな感じの人妻。身長も僕とあんまり変わらず、なかなか僕好みのダイナマイトバディの人妻。電話した時のままの明るいキャラクターで、最初から和やかな雰囲気。お互い面通しも終わり、早速ホテルへ。

前もって調べあげたホテルは人気があるらしく、わずかひと部屋しか空きが無かった。部屋に入ってまずは雑談。緊張をほぐしたり、お互いを理解し合うにも、会話って大事。そして1時間が過ぎた。「旦那が、、」「お母さんが、、」彼女の話は尽きる事が無い。このままいたずらに時間だけが過ぎて行く状況は何としても避けたい。黙って彼女の隣に座って、肩を抱き寄せ無理矢理キスして黙らせて一気に事に及んだ方が良いのではないか?などと考えてしまう。でもここは我慢して彼女の話にとことん付き合おうということにした。彼女が話したいだけ話してもらおう。セックスはコミニュケーションだから。僕のオナニーの道具になってもらうために彼女と会った訳じゃないから。彼女を優しく包んであげよう。

すると話をしながら彼女がおもむろに服を脱ぎだした。「そろそろ、お風呂に。」「一緒にはいろ?」する前から一緒のお風呂というシチュエーションは業者以来だったんで、ちょっとびっくり。ふたりで湯船に入る。でもここでも「友達が、、」などと彼女のトークは続く。でも感極まったのか、彼女の目から汗とは違うものがこぼれたのを見た時、自然に抱きしめてました。泣きじゃくる彼女が妙に愛しくて。ベッドの上でも彼女に寄り添い話の続きを聞いた。お互い素っ裸だってのに、いかがわしい気持ちが湧いてこない。こんな状況なのに、心は穏やかだし、むしろこのままでもいいんじゃないかと思い始めた自分がいる。

でも、そんな空気を壊したのは彼女だった。僕に覆い被さってきて、乳首を口に含んだ。吸ったり、舌先で舐め転がしたりしてくる。首筋にも舌を這わせる。濃厚なキスの後に、彼女は僕のカチカチに硬くなっているアソコを愛おしげに頬張った。僕も完全にスイッチが入った。彼女にお尻を向けさせ、シックスナインの体勢へと移行。大きくてエロい形をしたお尻の真ん中には、予想に反して可愛らしい花弁が、既に甘い蜜でべとべとになっていた。そっと人差し指で敏感なところを擦ってみる。彼女が身体をビクッと震わせる。「気持ちいい?」そう尋ねると、彼女は「気持ちいいよ」と素直に答える。クリだけでなく、可愛らしい穴の奥も攻めてみたくなった。親指はクリを弄りつつ、人差し指で穴の奥を弄る。彼女は、人差し指でも入らないのでは?と思わせる程に締まりが強いので、無理に押し入らず、ゆっくりと攻めてみる。ふと、指の腹にザラっとした感触。そこに触れるや否や、彼女の喘ぎが高まる。「あっ、駄目。。そこっ、凄く気持ちいいよ!」彼女はGスポットでかなり感じる子だった。ザラザラを優しく、そして確実に攻めていく。彼女の反応は、まるで痙攣をしているかのようだった。攻め続けると、彼女はビクビクッと強く身体を震わせ、その後全身の力が抜けたように身体を横たえた。

そして最初は上に乗ってもらった。十分に解きほぐされていたようで、特に抵抗を感じることもなくスルリとちん○は彼女の中に収まった。自然とふたりで微笑み合う。間近なはずの目的地に着くまで、随分と寄り道をしてしまった感じだ。でも、その寄り道こそが旅を彩る思い出になるのだから、それも案外悪くないのかもしれない。彼女は、上になるのが得意ではないらしい。「犯しているようで、変な気分」ということだった。彼女は僕のアソコをグイグイ締め付けてくる。これは良いものだ。少しの間、腰を振っていたけど、体力はそう長くは続かなかったらしい。

攻守交代して彼女を仰向けにし、大きく股を開かせる。そして深く突き立てる。見つめあって、微笑みあって、繋がりあって、抱きあって、というのは幸せだ。既に十分すぎるほど満足していた僕は、腰を振りながらも彼女を優しく抱きしめる。彼女も十分満足してくれたらしい。これこそがセックスのあるべき姿だと感じた。セックスはコミュニケーションだ。繋がり合うことで癒され、満たされる。挿入時間は僅か10分程だったけど、その前に重ねた時間があったから、僕は何も思い残す事はなかった。 「今日みたいなのは、初めてだよ」と言って彼女がそう微笑む。普段は一方通行のセックスに応じているだけなのだという。

今日は特別。僕も、彼女も、運が良かったのだろう。お陰で、人生で最高のセックスに巡り会えた気がするな。待ち合わせた場所に戻って、彼女と別れの時を迎えた。別れ際に、グッと彼女の頭に手を回し、引き寄せてキスをした。特別な事じゃない。僕にとって、恋人との別れの挨拶だ。一夜限りではあるけれど。「こんなのも、初めてだよ」そう言ってくれた彼女が、別れを惜しむようにもう一度キスをせがんだ。もう一度、ちょっぴりほろ苦く、激しいキスを交わし、僕らは別れた。「また、会いたいな」そう言っていた彼女の言葉が胸にいつまでも残っている。次に会う時も、僕は彼女を満たしてあげる事ができるだろうか。今度はいつ会えるだろうか。そんな事を思いながら家に帰った。今ここにあるのは確かな日常。彼女も何事もなかったように今日は日常を過ごしただろう。でも、確かに特別な夜を僕らは過ごした。そのせいなのか、今日はいつもより世界に優しくなれた気がした。彼女とはまたメールのやり取りを続けている。彼女は人妻だ。お互いに家庭があるけど、また時間を作ってどうしても会いたい。

http://www.uschigerschner.com/
http://www.lscb4rct.org/
http://www.wwrf29.com/
http://www.b-sd.com/
http://www.imxylz.info/
http://www.net-kaimono.com/
http://www.prabowoku.com/
http://www.c-medicine.net/
http://www.manifesto-diary.com/
http://www.freesocialcrm.com/

サブコンテンツ

このページの先頭へ